レックン、鬱滞を患う(その3)

漫画201016作成

翌朝、採れたての「数珠ウ〇コ」を持ってかかりつけの病院に行ったら、やっぱり鬱滞でした。

 

院長先生が言うには

「これまで掛かった鬱滞より重症」

とのこと。

レントゲンに写った胃と腸(特に盲腸)はパンパンでした。

こんなに胃腸が張ってたら、食いしん坊のレックンでもごはんを食べれなくなるはずです。

一日様子見したら、おそらく助からなかったでしょう。

鬱滞は時間との戦いですね。

 

さて、この日は点滴だけして帰宅。

胃腸を活発にするお薬を飲めたら一番なのですが、食事を摂れるまで回復するか分からないので次の日も通院することになりました。

ラキサトーン(下剤)は与えても大丈夫だそうなので、寝る前に少しだけ。

朝にはゴマ粒のようなウ〇コが出てましたが、効きすぎたのか、そのあとはベタベタなウ〇コ。

お尻が汚れて不衛生なので、シャワーでお尻を洗って病院へ。

体調が悪いのにごめんなさいね。

 

次回:若先生に横暴な態度をとるレックンちゃん

 

タイトルとURLをコピーしました